通塾時の心配を解消できる防犯サービス

通塾 防犯

通塾、通学、そしてどこかに遊びに行く時など、お子様に対する心配は尽きませんが、そんな時活躍するのが、セキュリティーサービスの防犯システムです。GPS付きの携帯電話を持たせることで居場所を特定できる、また何か合った時に防犯ブザーになり、駆け付けてくれるなど、非常に頼もしい防犯サービスがあります。ただこれはうまく作動しなければ意味が半減します。その為に使い方をしっかり教えておく必要と、持ち歩く、すぐに取りだせるようにするなどの工夫や指導も必要となります。もちろん危険な場所に近づかない、何か合った時にどのような行動をすればいいのか、何が危ないのかなどを話し合う必要もあります。使い方が正しくとも、サービスに加入をしていても、一番大切な事は、何も起こらない事です。そのための威嚇の道具としてGPS付き防犯サービスは非常に効果があります。

通塾の防犯サービスにICカードが活躍

通塾の防犯を見守るサービスに近いシステムがあります。塾によりますが、塾に着いた、塾が終わったことをメールで知らせるシステムです。これで塾に無事に着いたことも確認できますし、帰る時間も大体検討がつきます。また迎えに行くこともできます。これに近いサービスとして、電車会社の一部が始めているシステムがあります。それはICカードを利用して、自動改札を通った時にメールが送られるシステムです。また場所によってはこのICカードをマンションのエントランスや学校の校門などに読み取り機を設置し、メール配信されるシステムです。無事に到着、これから帰るというお知らせは、非常に有効に働きます。ただ小学高学年や中高生は友達との付き合いもあり、終了メールが届いて遅くなる時もあります。思春期の子どもにとって、無理に遅くなった理由を聞きだすよりも、遅くなると危ないことをしっかり伝えてあげてほしいです。

通塾は防犯だけでなく他にも気を付けたい

通塾の防犯も大切ですが、車にも気を付けたいものです。夜遅くなる場合や、冬の夕方などは暗く人が見えにくくなります。また車に乗っている人達も急いでいる人も増えるため、被害が起こりやすくなります。信号を守る、横断歩道を渡す、暗い道は周囲に気を付けるということは、犯罪防止にも繋がります。また自転車にも気を付けてほしいです。こちらは加害者にも被害者にもなりえます。車同様に、人を傷つけることができるものであることを自覚させることも大切です。また反射材を付けることは、ずいぶん有効な方法です。一瞬でも光ると人はそちらに注意が向きます。真っ暗な中に子供の素早い行動は、車を運転している人間にとって怖い思いをします。子供にとっても自分の存在をアピールできるので、知らずに牽かれたという不幸の可能性も低くなります。