小学校の受験を考えるために必要な準備とは

わが子に早期から良い教育を受けさせたいと受験を考える親が増加している背景から小学校受験を考えて幼児教室に通わせている方も増えています。学校選びのポイントは東日本大震災以降少し変化しているということです。少なからず大震災当日、子どもの迎え、学校との連絡に苦労し、自宅まで歩いて帰宅するのに夜中までかかったという例もありました。安心、安全はもちろんのこと地元志向の傾向もあります。わが子にあった小学校選びとしてどのくらいの準備期間が必要でしょう。多くの方は年中の秋ごろ子から動き始めます。約一年です。小学校受験では家庭のしつけが注目されます。幼いころから気を付けてしつけをしていく必要があります。この花はいつ咲くのか七夕、たこあげ、正月などの年中行事に関しても日々の生活を通して知っているかも大切です。覚えるというよりもむしろ体験して知っているかどうかが大切です。日頃から意識して絵本を読み聞かせしたり季節を感じる生活を送ること。これには最低でも一年は必要ですし、生まれたときからの積み重ねが大きい部分です。

小学校を受験させることのメリット

受験といえば高校や大学をイメージする人が多いですが、今の時代では小学校に入学するために試験を受けることが珍しいことではなくなってきています。しかし中にはそんなに小さな頃から学ばせ試験を受けさせる必要はないと考えている人も多いのではないでしょうか。どちらが正解とは一概には言うことはできませんが、小学校を受験させることによってその後子供が苦労しなくて済むというメリットは大きいです。小さな頃の方が合格する確率も高くなっているのはもちろんのこと、幼い頃に経験しておくことでその後大きくなってから受験を受ける際に緊張したりプレッシャーを感じることも少なくなります。もちろん親の意見のみで無理やり受けさせるべきではありませんが、子供の将来のために一度は受けさせてみる価値は大いにあるといえるのではないでしょうか。

小学校の受験と選び方のポイント

今の時代は小学校に入るために受験をすることは珍しいことではなくなりました。少しでも良い学校に我が子を入学させたいと考えるのは、親として当然のことと言えるのではないでしょうか。しかし一口に受験とは言っても、数多くの学校があるのでどこを選べば良いのかで頭を悩ませることになります。子供はまだ幼いので自らで学校を選択することはできないので、親が決めなくてはならず責任は重大です。親の立場からすると知名度が高いブランド校を選ぼうとしてしまいがちなのではないでしょうか。しかし、実際に学校に通うのは親ではなく子供です。子供が合わないと感じる学校ならば通うこと自体が億劫になってしまいかねません。受験に合格することができるのかという点にばかり頭がいってしまいがちですが、通い始めてからイメージと異なったということにならないように気をつけましょう。