埼玉でしかないサービスがある板金業者

板金 埼玉

板金業者からのサービスには値引きや代車などがありますが、一番うれしいのは信頼できるしっかりとした技術を提供してくれることです。板金業者がいくら安い価格や早い納期のサービスを宣伝していても、未熟な技術で施工された結果、仕上がりに納得できなければ元も子もありません。板金には自動車や住宅の屋根など、多くの用途があります。板金に必ず必要な技術は、溶接です。溶接の技術のレベルが、仕上がりを決めるとも言われます。優良な板金業者なら、JIS溶接技能者の資格を持った技術者が板金を担当します。JIS溶接技能者は溶接では必須とも言える資格で、施工の品質が保証され、技術者自身の就職も非常に有利になります。埼玉でどこへ頼んでいいのか迷った時も、この資格を持った技術者のいる板金業者を探すと安心が買えます。

埼玉は板金技術者を養成している

埼玉には職業能力開発施設があり、金属加工科では溶接加工と板金加工が1年間学べます。すでに板金の仕事についている人の技術向上のためにも、在職者向けの技能講習も行われています。JIS溶接技能者評価試験は一般社団法人日本溶接協会が行う資格試験で、溶接作業者の技術レベルを証明するための資格です。仕事で溶接をしている人の合格率は、およそ60%と言われています。金属加工科の生徒は、毎年ほとんど100%の合格率です。また埼玉には、板金工や機械修理工の基幹技能者に認定された技術者が22名います。基幹技能者とは、技術者のトップの資格です。基幹技能者は現場の技術者に指示を出し、優れた建築物や製品を作ることができる熟練した経験を持つ有能な技術者です。基幹技能者に依頼すれば、120%の満足を得られるという評価もある程です。埼玉では車体整備共同組合が、実技試験の免除がされる講習を年に1度行っています。

埼玉では技術者を知事が表彰します

埼玉では毎年、産業の発展や後継者育成の模範になると認められる技術者を、県内の第一人者である埼玉の名工として知事が表彰しています。昭和43年度からスタートした表彰は、平成30年度の受賞者10名を含めると、合計で832名が受賞しました。30歳未満の県内の青年技能者からは、やはり知事が彩の国青年マイスターとして表彰します。こちらは平成7年度からスタートした表彰で、9名の平成30年度受賞者を含めて256名が受賞しています。このような県を挙げての優秀な技術者の養成への努力が、埼玉の板金への高い評価と、信頼と安心をお届けするサービスを作っています。堅固で上質な板金技術のサービスが受けられるのが、埼玉の板金です。自動車も家屋も安全性に直結するものですから、信頼のおける板金業者を選ぶことが大切です。