お子さまの通塾時の防犯対策を考える

通塾 防犯

進学などに備えて子供を塾に通わせる親御さんは多くいますが、学校後に塾へ通わせていると、どうしても子供の帰宅時間は夜の暗くなった時間になってしまいます。近所の友人などと一緒に帰っている場合は親も安心できますが、近所の友人がいなくて家の近くが人通りのない道だったりすると、不審者が現れたり危険なことがないか心配になるでしょう。そんなときのために備えて防犯対策をさせる家庭は多くありますが、どのような対策をさせるのかは家庭によってバラバラです。そこで今回は通塾時に役立つ防犯対策についてまとめますので、何が有効的な対策なのか覚えておきましょう。不審者も学習をするので効果が薄れている防犯というものもあります。せっかく防犯対策をしたのに効果がないなんて事態にならないように対策を講じることが大切です。

防犯対策は親がするだけではない

通塾させるうえで覚えておきたい防犯対策は、塾側でも防犯の取り組みがあるかどうかです。いくら親が子供に防犯対策をさせていても、目の届かないところにいる間は不安を完全にはぬぐい切れません。塾によっては終了時に連絡をしてくれるので迎えに行きやすいところもあり、塾が終わっているのに長時間帰ってこないなど異常な事態に気づきやすくなっています。また、地域によっては緊急時の駆け込み場所として塾が指定されていることもあるので、有事の際には塾で預かっていてくれるということもあります。そのため、防犯に関するすべてのことを親だけが担う必要もないのです。また、通塾中にトラブルに遭ってしまった場合のための保険もありますので、市外状況に応じて補償を受けられることもあって安心できるでしょう。

子どもにも意識をさせる防犯対策

いくら親や塾が防犯対策を進めていても、実際に被害にあう可能性が高いのは子供たちです。そのため、子どもたちの防犯意識が低ければ不審者にとっては格好の的に映ることでしょう。そこで子どもたちに防犯意識を高めることも重要になってきます。どのようなことを注意させればよいのかというと、人通りの少ない場所は通らないようにさせたり、なるべく集団で帰らせるようにしたりする方法があります。特に子ども一人で暗い夜道を通るという行為が一番危険も高くなるのです。防犯ブザーを持たせる、近くに逃げ込める場所を覚えておくだけでも不審者への対応として異なりますので、子どもが何も知らない状態で通塾するという事態だけは必ず避けましょう。防犯対策は親だけが進めても安心できるほどの効果は得られないのです。