小学校の受験で子ども一人が面接をする場合には

小学校の受験対策で最も親が敏感になるのが、面接対策なのではないでしょうか。特に親が同席をしない、一人での面接になった場合には、子どももいつもの雰囲気とは異なり、緊張をして上手に練習の成果を発揮できない可能性があります。面接とはいえ、小さい子どもを相手に、先生方も意地悪な質問をする事はそうそうありません。ですので、まずはしっかりと面接室に入った時は、座っている先生の顔を見て挨拶をする事を徹底させましょう。そして、質問があった際には、その先生の顔をしっかりと見て、受け答えをするように子どもに伝えておいてください。面接対策のために、細かい質問の練習を沢山する事は勿論大切です。ですが、子どもの受け答えや全体の態度をチェックしている先生もいますので、面接時の態度もしっかりとチェックする事を忘れないで下さいね。

小学校の受験でよくある親子面接の対策方法

私立の小学校に通うとなりますと、受験を受けなくてはいけません。また、その際には面接もありますので、きちんとした対策をする必要があります。面接にはいくつかパターンがありますが、中でも親子面接の場合には、どのような点に気を付けなくてはいけないのでしょうか。親子面接では、先生が子どもに質問をした後に、親に質問を行います。子どもも、自分が何かを聞かれている時は、しっかりと受け答えをしているのですが、親に切り替わったとたんに終わったと安心してしまう子どももいます。ですが、終わった後に、親が質問をされている時の態度も先生は注意深く見ていますので、注意が必要です。足をブラブラさせてしまったり、キョロキョロと周りを見渡すなど、集中力が切れないように、しっかりと事前に練習をしておきましょう。面接対策は勉強よりも大変なところもありますが、親子でしっかりと乗り切るようにしましょう。

小学校から受験することで得られるメリット

近年、小学校から受験する子供が増えています。人によっては早すぎると考えるかもしれませんが、決して早すぎることはありません。少子化が深刻な問題になっていますが、受験する子供たちにとっては、ライバルも少ないことになります。この点だけをみれば成功しやすい環境といえます。早い段階で成功することができれば、内部試験だけで大学まで進めるところもあります。内部試験というのは、普通に学んでいれば引っかかることはありませんし、周囲が受験に向けて準備している時期に苦労しなくてよくなります。小学校のうちに成功するということは、同じように成功した仲間と長く付き合っていけることになり、親友関係も築きやすい傾向にあります。また、学ぶ意欲も高い仲間となり、お互いを高めていくための環境も良いことになります。学歴社会の世の中は続いているため、メリットはあります。

伸芽会の幼児教室では自分で考え、体験して理解する小学校受験に不可欠な教育が学べます。 発達段階に合わせた教育を、無理なく行うことが幼児教育には大切。 多くの合格実績があるからこそ分かる、面接対策をアドバイスします。 伸芽会の授業体験会を全教室で行っています。 小学校受験は、詰め込み式やスパルタでは合格出来ません。幼児教室の先生からみた子どもの様子など、志望校選びには客観的なアドバイスも重要です。 小学校と幼稚園受験なら幼児教室伸芽会におまかせ!